サイクリング女子を楽しむ!

サイクリングは楽しい

最近、自転車通勤をしているサラリーマンをみる事がありますが、よく見ると、女性も颯爽と自転車に乗って通勤されている方がいます。
昔は社会人になってから自転車に乗るなんて特に女性は少なかったと思いますが、近ごろは健康ブームという事もあって、多くの方が自転車に乗っています。
私も実は今、ガッツリサイクリング女子なのです。

自転車に乗るということは女性にとっていい効果をもたらすことになるのです。
事務職の方はオフィスで座っている事が多いですし、美容師さん、販売員さんたちは立ちっぱなしという事が多いです。
私の場合は、オフィスなのでずっと座っている事が多くて、冷え性だし足がむくみやすくてかなり辛かったんです。

体を動かすという事もしたいけれど、疲労して帰宅するともう何もする気にならずにパタンキューとなってしまう人の方が多いでしょう。
たちっぱなし、座りっぱなしというのは新陳代謝が悪くなりますし筋肉も衰えてしまいます。
でもサイクリングをし始めてからは本当に体が楽になったなと思うようになりました。

自転車は有酸素運動になりますので、酸素を取り込みながら脂肪を燃焼させることができます。
その結果で、できた物質をエネルギー源とするのです。
もちろん、ダイエット効果も抜群です。

サイクリングによって調の活動が活発になる

サイクリングを行うと、全身の筋肉が動きますが、特に足の筋肉をしっかり動かすことになります。
血液内に酸素が取り込まれ、血液が全身をくまなく回ります。
腸内の新陳代謝も活発になり、腸内運動がしっかり行われるようになり、便秘や冷え性などにも効果があるのです。
余分な水分を吸収し、便が出やすくなるのでサイクリングは筋肉にも内臓にも効果的なツンどうなのです。

自転車で学校に通っていたという方は、その時に気が付くことがありませんが、実はしっかりと運動できる行動をとっていたという事になります。
お休みの日、いつもは車移動するスーパーへのお買い物、自転車に切り替えてみませんか。

神経細胞を活性化させる効果

自転車は二輪です。
乗るときには自然と体がバランスをとっています。
知らないうちにバランスをうまくとりながら、景色の情報を目から取り込み、耳からは町の音、川の音、そのほか色も聞いています。
焼肉屋さんの前を通ると焼肉のにおい、花屋さんの前を通ると花のいい香り、鼻からも情報を取り込んでいます。

こうした情報が刺激となって、脳が活性化され、ボケ防止にもなるといわれています。
スピードが上がるとだんだんと脳からドーパミンという物質が分泌され、神経細胞を活性化させます。
集中力とグッと高めてくれるという効果があるので、サイクリングは様々な効果をもたらしているのです。

風に乗って走ると何より気持ちがいいです。
学生の時、どうしてこの気持ちよさに気が付かなかったんだろうと思うくらいです。