おうちでできる寝ヨガに挑戦♪

私でもできるながら運動でいい寝ヨガ

運動って苦手なんだよねー、といいつつおなかの肉をつまむ私・・・笑い事じゃなく、本当にやばい状態になってきたので、これは運動しないとまずい・・・と思っている時に紹介してくれたのが、寝ヨガでした。

激しい運動じゃなくてでも何となく敬遠していたヨガですが、もっと楽なのが寝ヨガです。
ヨガは成れていないと厳しいポーズなどもあります。
でも寝ヨガの場合、寝たままの姿勢で全部のポーズができてしまうという、凄くうれしいヨガなんです。
毎日本当に忙しくて時間がないというときでも、スクールなどに通うこともなく、家でゴロゴロしながらできる運動、もう私、こよなくこの運動を好きになっています。

寝ヨガの効果ってあるの?

これね、本当によく聞かれるんだけど、体をひねったり、伸ばしたりというのは、通常のヨガと同じで、呼吸をうまく利用しながらおなかのストレッチをしたり、時に結構苦しいぞ・・という運動も行うのですよ。

でも、寝たままで、道具もグッズも必要ないからほんとに楽にできます。
呼吸を整えながら行うので、腹筋も使います。
腸に刺激があるので腸の蠕動運動もしっかり行うことができるようになって、何よりも便秘しなくなりました。

それと、女性らしいくびれっていうのかな、そういうのが自然と出てきたのも寝ヨガ効果です。
腹筋を呼吸で知らない間に使っているので、こういうくびれができるんでしょうね。

この寝ヨガをずっと続けている同僚に聞いたんだけど、骨盤矯正効果も高いといいます。
骨盤って曲がっていないって思っていても自然と歪んでいて、内臓の動きが悪くなったり、腰痛がひどくなるという事もあるって言ってました。

彼女は肩こりがひどかったのですが、寝ヨガするようになって治ったって話です。

いつやるのか

寝ヨガはいつやってもいいのですが、効果が出やすいのがリラックスできる時です。
リラックスできている時、自然と呼吸が整っていて、寝ヨガしやすいんです。
時間帯としては、朝起きてすぐ、一番呼吸が安定している次官です。

朝の始まりって結構ぼーっとしていて激しい運動なんてもってのほかですけど、寝ヨガなら何気なく寝たままリラックスした状態で運動ができるのです。
勿論寝る前でもよし、お風呂にはいってリラックスしてから寝ヨガしてもいいですね。

1日の疲れがすっとなくなるような感じでリセットできる気持ちになるので、頭に来ていたことがあってもゆったりと眠りにつくことができるのです。

寝ヨガは私のように面倒くさがりの女性にぴったりです。
寝ながらできるからやるかーと毎日継続できます。
むくみもなくなるし、肩こりもなくなったし、そういえば冷え性が前よりもひどくないかなって、継続しているからこそ、効果が出てきたみたいです。